じゅこうしゃ

(株)樹工舎・薪販売部門「薪ぼうず」


★ 真面目でやる気のある方募集します ★

当社は、設立年数の浅い、現在私一人の小さな会社ですが

一緒に働いてくださる従業員を募集致します。未経験者も大歓迎。

 当社の主な業務 

● 素材生産 ● 

● 支障木伐採 ● 

● 薪の生産から販売まで ● 

● その他林業全般 ●

 素材生産とは・・・作業道作成・伐倒・集材・造材・搬出・運材を行います。

山林へ作業する為の道(※作業道)を作成し、その道を使い重機で木材を取り扱います。作業道が完成したら

山に立っている木々を伐倒していきます。ある程度伐倒が出来たら、倒れた木々を作業道から重機にて寄せ集めます。 

作業道の下側に倒した木々は、重機に設置してあるウインチからワイヤーを伸ばし作業道手前まで引っ張り出します

(※上げ荷集材)。作業道に向かって倒した木々は、作業道に届いている木々を作業道下側へ入れ込み

重機で届かない木々はウインチからワイヤーを伸ばし作業道まで引きずり出します(※下げ荷集材)。

倒した木々全てを作業道へ寄せ集めたら、造材です。ハーベスターやプロセッサーと呼ばれる造材専用の重機にて

高値で取引してもらえる長さへ切断していきます。枝を払いながら希望する長さで切断する機械性能は

1日に約10tトラック10台分程の量を造材しますので圧巻です。

次は、造材した木をフォワーダーという運搬機械にてトラックが入って来られる広い場所(※土場)へ移動していきます。

土場に貯められた木をトラックにて木材市場へ運搬し、市場にて木材が売買され弊社へ売買金額が入金されます。


    ●作業道作成               ●伐倒               ●集材



    ●造材                   ●搬出               ●トラック積込



    ●土場(どば)の様子              


支障木伐採とは・・・お客様にとって支障のある木を伐採致します。

一言で伐採と言いましても、様々な状況下で伐採方法は異なります。

牽引器具を用いて一回で切り倒す事もあれば、ラフタークレーンやロープワークにて樹木の上まで登り

少しづつ切り下げる事もあります。お客様が「どのようにしたいのか」「予算的な部分は」等お伺いし

お客様や周辺住民の方々、そして安全に作業に従事出来る一番最適なプランをご提供致します。


地上で出来ている事でも樹上では難しい事が沢山出てきます。

「ロープはどこに掛けようか」「自分自身のポジションはどこにしようか」「どういう切り方をしようか」等

考える事が地上より数倍に跳ね上がり様々なセンスが要求されますが自身の考えたプラン通りに

切断した木を動かす事が出来た際は、喜びも数倍です。


地上での動きやセンス等を加味し、樹上作業に就いていただく方には研修を受けていただきますので

安心して下さい。もちろん費用は会社が負担します。

しっかりと基礎知識を学び、安全に留意した作業を一緒に心掛けていきましょう。



薪の生産から販売・・・主に薪ストーブ・キャンプユーザー様向けの販売

クヌギ・コナラ・アベマキ・桜・樫・欅等々薪として使用可能な広葉樹を山から切り出し事務所まで運搬し

事務所倉庫にて約36pに玉切り、薪割り機にて割り、メッシュパレットへ詰めて乾燥させます。

含水率は18%以下の薪をお客様へ販売致します。

山から切り出す時期は、近年ですと11月頃から翌3月迄とし、乾燥期間は6か月以上としています。

上記以外の時期に切った物は、木が水を吸い上げている為虫が入りやすくなるからです。


     ●薪小屋                ●薪割り機(30t)            ●含水計



●段ボールで郵送(ふるさと納税出品中)      ●フォークリフト               


● 募集人数・・・・2名
● 未経験者大歓迎
● 基本給 \170.000 〜 \270.000  ※個々のスキルや経験にて判断致します。
● その他手当等  通勤手当(上限2万円まで) ・ 高所手当 ・ 現場責任者手当 等々
● 普通自動車免許(AT限定不可・MT必須) 
● 年間休日・・・・94日  ※ GW ・ お盆 ・ 年末年始 他 (会社カレンダーによる)
● その他詳細に関しましては、お電話・対話にてお答え致しますのでお気軽にお尋ねください。
  その際は、「ホームページ求人情報」とお伝えください。

★ 皆さんのご応募をお待ちしてます ★


メールを出す質問・お問い合わせはこちらまで!

トップへ戻る

Copyright (c) (株)樹工舎 All Rights Reserved.

inserted by FC2 system